中古の用品だと安く購入できる

中古ゴルフクラブは、もちろん新品より低価格な傾向にあります。
「ドライバー」を購入する場合、新品同然のドライバーが新品価格の約50%ということもあります。
傷があるなどして激安で販売されているものが多くあるのでお得です。

これはドライバーの話であって、ドライバーの中古品は低価格化しますが、「パター」の中古品は新品と価格帯があまり変わらない傾向にあります。

ドライバーやパター等、消耗が激しいゴルフクラブは中古品はおすすめしません。
(年月の経過によって)知らないうちにだんだん劣化し、特に「シャフト」が劣化、ある時突然、シャフトが折れてしまう事態に陥ることも。

ですから、中古ゴルフクラブを購入する場合、「アイアン」を購入する機会が多くなりますが、その際「ロフト角」「ライ角」が正しい中古品か確認しておく方がよいでしょう。
例えアイアンを購入する場合であっても、1本だけ違う種類のアイアンを取り入れるのはおすすめしません。

中古ゴルフクラブ、特にテーラーメイド社以外の中古品の場合、全体的にスコアが悪化する場合もあるため、敢えて中古品を購入する場合、テーラーメイド製の「ツアープリファード」等、精度が高いものを購入するのが無難です。

大体の相場を知りたい
それでは、ゴルフクラブの相場はいくらくらいでしょうか。

例えば、テーラーメイド製の「ドライバー」の場合、その大半が15,000円〜60,000円の価格帯です。
60,000円を超える高額ドライバーも製造・販売していますが、店舗に並んで一般の客に売られる機会は少ないみたいです。

ただし、ドライバー以外の「ウッド」、要するに「2番」以下のウッドの場合、(ドライバーと比べ)明らかに低価格で、その大半が9,000円〜40,000円の価格帯です。

価格.com – 中古ゴルフクラブ | 製品情報、価格比較、通販

ちなみに、テーラーメイド社の製品の場合、名前は「ウッド」でも金属製の製品が主流です。
金属製の(最近は「ウッド」でも金属製の製品が多い)「アイアン」は更に低価格であって、その大半が5,000円〜15,000円の価格帯です。6本セットなどもあります。

一方、「パター」はその形にもよりますが、大半が7,000円〜30,000円の価格帯です。
パターに関して言えば、料金だけ見て選ぶと失敗します。

と言うのも、パターの特性上、他のゴルフクラブと違って様々な形の製品が製造・販売されているため、可能だったら試し打ちし、自分に合ったパターを購入しましょう。
貴族のスポーツですからもっと高いのかと思いましたが、そうでもなさそうですね。

 

カンボジア 求人 日本人の給料に関して
岡崎市 税理士

Comments are closed.